大使館からの注意喚起(強盗被害:その3)

●昨今、ジャカルタ中心部・タムリン通りのトランス・ジャカルタ停留所(Sarina駅など)へ向かう歩道橋上及び歩道橋付近にて、邦人から白昼強盗被害の報告が相継いでいます。

●目的地への移動に際しては、なるべく自動車を使用するようにし、やむを得ず徒歩にて移動する際には、周囲に警戒を怠らないようにしてください。

●仮に強盗に遭遇した際には、抵抗せずに身の安全を第一に考えて行動してください。

ジャカルタにお住まいの皆様、出張者および旅行者の皆様へ

平成29年9月13日(大17第44号)

在インドネシア大使館

 昨今、ジャカルタ中心部・タムリン通りのトランス・ジャカルタ停留所(Sarina駅など)へ向かう歩道橋付近、およびホテル・インドネシア・ロータリーの歩道橋付近にて、邦人から白昼強盗被害の報告が相継いでいます。主な手口は以下の通りです。

1 歩いているところを、犯人グループ(複数人)の1名が足を掴む。

2 驚いた被害者の隙を見て、他の犯人がポケットから財布やスマホを奪取。

3 付近のミニバスを利用して犯人は逃走。

つきましては、ジャカルタ市内の移動に際しては、なるべく自動車を使用するようにし、やむを得ず徒歩で移動する際には、改めて以下の点に特に留意の上、周囲に警戒を怠らないようにしてください。

また、強盗に遭遇した際には、相手は武器を持っている可能性が高いので、抵抗せずに身の安全を第一に考えて行動してください。

1 外出する際、できるだけ貴重品は持ち歩かないようにする。持ち歩く際にも、腰回りのポケットには貴重品を入れず、鞄に入れる等の対策を行う。

2 歩道では鞄を車道の反対側に持ち、たすき掛けにするなどして鞄を体の前方に保持する。

3 歩行中には鞄や携帯電話など所持品に常に注意を払う。歩きスマホは注意力が散漫になるため、安全な屋内に移動して通話するよう心がける。

(参考:過去の当館お知らせ)

大使館からの注意喚起(強盗被害)

http://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase17_07.html

大使館からの注意喚起(強盗被害:その2)

http://www.id.emb-japan.go.jp/oshirase17_13.html

在インドネシア日本国大使館領事部

TEL 021−3192−4308

FAX 021−315−7156

○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html 

○ 大使館閉館中の緊急連絡(24時間対応)

021−3192−4308(代表)

(続けて、1(日本語選択)のあと、2(緊急の用件)をプッシュしてください。)

○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp

※ このメールは、在留届、メールマガジン及びたびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されておりますので、重複して配信される場合があります。

※ 大変申し訳ありませんが、時間帯等によりましては、お電話が非常に繋がりにくくなっております。また、プッシュ回線でない場合は音声ガイダンスの操作に反応しないことがありますが、ご自身の電話機の設定を操作いただくことにより解消出来るようです。お手数ですが、緊急時等のため、前もってご自身の電話機の操作方法等をご確認しておいていただけますようお願い致します。

※ 在留届は緊急時の情報提供や安否確認等に必要となりますので、在留開始時や帰国(転出)時、在留届記載事項の変更時の届出を励行願います(ORRnet:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )。

届出済であってもメールが配信されない場合は、まことに恐れ入りますが、最寄りの在外公館または外務省領事局政策課システムサポートデスク(E-Mail: ezairyu@mofa.go.jp 、TEL:03-3580-3311、内線4476又は5818)までご連絡下さい。

※ このメールの発信元アドレスは配信専用のアドレスですので、このメールに返信することは出来ません。

   

以 上

投稿日: